当社関連記事

 2020年3月23日更新

日本経済新聞(2020/3/20 朝刊15ページ)に当社社長の鈴木のコメント記事が掲載されました。

 

IPO中止、年初来7件

年間最多 VC、投資回収影響も

 

「新型コロナウイルスの感染が広まり新規株式公開(IPO)市場が混乱している。ソフト開発のアイキューブドシステムズ(福岡市)は19日、4月に予定していた上場を中止すると発表した。2020年の中止は7件となり、年間ではデータがある04年以降の最高を更新した。IPOで投資回収を計画していたベンチャーキャピタル(VC)にも影響しそうだ。

東証によると、IPOの中止はこれまで18年の5件が最多だった。

アイキューブド社は4月7日に東証マザーズへの上場を予定していた。中止について「最近の株式市場の動向を考慮した」と説明する。アイキューブドはIPO時の公募が10万株に対して、既存株主による売り出しが68万株と多かった。売り出しの半分はVC関連とみられる。18日までに上場中止した6社のうち3社は売り出し株数が公募株数を上回るか、公募を予定していなかった。

また19日には、4月上旬にマザーズへ上場するコマースOneホールディングスとステムセル研究所も、この日に予定していた公開価格の仮条件決定をそれぞれ23日、24日に延期すると発表した。

ここ数年はIPOが年間に90社前後と高水準だった。潤沢な資金を持つVCなどが未上場企業に出資して成長させた後に、IPOに伴う売り出しで資金を回収。別の企業に投資するサイクルがIPO市場を支えていた。IPO支援会社、ラルクの鈴木博司社長は「コロナ問題によってVCに資金を出す機関投資家も業績が悪化しそう。長期化するとベンチャー投資が滞る恐れがある」と指摘する。」

IPO支援サイトへ

サイト内検索

Loading

メンバーブログ

【加藤】収益認識会計基準の先行適用状況
>> 続きを読む

【鈴木】IPO支援の妙味~ノーベル賞など~
>> 続きを読む

【古川】新市場区分とIPO
>> 続きを読む

【黒川】VIX指数
>> 続きを読む

【原田】IPO時の社外取締役の選任状況
>> 続きを読む

【関口】1兆ドルコーチ
>> 続きを読む

【加藤】KAMの先行適用状況とIPO時のKAM
>> 続きを読む